News News

I&C キッズ スクール
理事長/エグゼクティブプロデューサー
精神科医・評論家/運営会社取締役

和田秀樹Hideki Wada

女性医師の皆様に
安心して仕事をしてほしい 仕事が続けられるだけでなく、最高の未来を

Profile 枠線画像 枠線画像

1960年大阪生まれ。
灘中学校、灘高等学校卒。東京大学医学部卒。東大付属病院で内科、精神科の研修の後、東京大学医学部精神神経科助手を経て、米国カール・メニンガー精神医学校で、精神分析学、集団精神療法、子供の発達などを学ぶ
大学一年生のときに、灘中受験に失敗した実弟の受験指導(その学校創設以 来二人目の東大文科Ⅰ類現役合格に導く)を通じて、受験指導に開花し、在学中から鉄緑会の創設メンバーになるなど、豊富な経験を積む。27歳のと きに執筆した『受験は要領』がベストセラーになり、緑鐵受験指導ゼミナー ル創業。無名校から多くの生徒を東京大学合格に導く。その後も、受験に関する著書多数。この体験をもとに製作・監督した『受験のシンデレラ』はモナコ国際映画祭で最優秀作品賞(グランプリ)を受賞し、2016年にはN HKBSプレミアムドラマとしてリメイクをされている。
いっぽうで、心理学や精神分析学、アドラー理論などをもとにした子育てや 幼児教育、子どものコミュニケーション能力開発、子どものメンタルヘルスに関 する著書も多数ある。実子の在学中は、父母代表として成城学園理事も歴任 した。
現在、国際医療福祉大学大学院教授(臨床心理学専攻)、和田秀樹こころと 体のクリニック院長。

Greetings 枠線画像 枠線画像

世の中では社会に出て活躍する働く女性がますます増えています。特に最近では、一億総活躍社会の実現に向けて、新3本の矢のうちの1本として『子育て支援』が掲げられ、更に女性が活躍できる社会に向けて政策が打たれています。私は医師ですので特に医師の世界においてはもっともっと女性医師の方に活していただきたいと思っています。
しかし残念ながらそこには立ちはだかる大きな壁があります。それはご自身が働く間、『安心して』お子様を預けられる施設の不足です。幸いにして預けられる施設が見つかったとしてもただ預かるだけの施設が多いのが現実です。多くの女性医師の方にとって『安心して』というのは、ただ安全に預かってもらえるということではないことは、二児を育てた経験のある私も実感するところです。
ゆとり教育政策により公立学校と私立中高一貫校の進学成績は開く一方であることはご存知の方も多いかもしれません。しかしその現場は、実質的に親がつきっきりでないと成功できない過酷な競争となっているのが実情です。そのため、一般的には女性医師の方々は非常に高い学力を有しているにもかかわらず専業主婦のお母さまのご家庭の方が中高一貫校への実績が良いという結果が出ています。
私は長年、医師をやりながら受験勉強法の研究をし、通信教育や進学塾という形で直接的に受験産業に携わってきました。その経験と、私が長年勉強してきた精神分析や認知心理学、あるいはアドラー心理学などの発達理論から、将来の中学受験、大学受験、あるいは社会に出てから、医師になってから発達をつづけるために必要な能力がつかめてきたと実感しています。
女性医師の皆様には、『安心して』お子様をお預けになりながら医師としてますますご活躍いただき、そしてまた、お子様には将来必要なさまざまな能力を身に付けていただきたいと考えています。長期化する難関校受験において早く始めるほど有利ですが、それはしっかりとした方法論に基づかないと無駄になりかねません。しかし、それが実践できればご自身が仕事に打ち込みながらも、将来のお子様の成功へ向けて確実に進んで行っていただけるのではないか、その信念に基づいてはじめたのがI&C・キッズ・スクールです。

Column 枠線画像 枠線画像

I&C キッズ スクールをスタートしてから早いものでもう1年が経とうとしています。さまざまな方からのご意見や励ましのお声をいただきながら、スタッフ全員で力を合わせて、ご利用者様のご期待に応えられるよう日々頑張っています。
今後、こちらのスペースを利用して皆様に役立つ話題や情報を私の言葉でお伝えしていきたいと思っております。

Books 枠線画像 枠線画像

和田先生の本画像
アドラー流「自分から勉強する子」の親の言葉
「ご褒美」がもたらす本当の効果、自分の意見のある子、ない子の差、小学生で成績が頭打ちになる子の特徴、私の母の「脅し文句」、多少のウソも方便、子どもの競争心はこんなときに育まれる―歯磨きのように、勉強を「習慣化」させる一言とは?
和田先生の本画像
「東大に入る子」は5歳で決まる: "根拠ある自信"を育てる幼児教育
どうして東大生に「早生まれ」が少ないのか。生まれ月の差で大きな能力差ができてしまう小学校入学時。この時期に「できる子」にするかしないかで、将来が大きく変わる。親の意識改革で今日から始められる、「人生に勝つ子を育てる」教育法。
I&Cについて ページの先頭へもどる